オーダーメイドジュエリー , ジュエリーリフォーム , 修理などのご相談は、世田谷区三軒茶屋、神奈川県座間市に工房を
構えるジュエリー工房ケンズセッションへ。歴20年の作家と直接ご相談でき、工具や制作工程などもご覧いただけます。 
お店 兼 工房では、ジュエリー教室、彫金教室も行っております。

◇◆◇  個展 「2004年から2009年まで」  ◇◆◇
作家として、年に1回の個展開催を目標にし、日頃感じた事やメッセージとして
世に残したい事を、創作ジュエリーに込めて発表しております。
新しい順にご紹介しております。


【2009年】
第5回個展「はぐくみ」開催
(アトリエアッティコ:二子玉川)
(ジュエリー工房ケンズセッション:座間)
(佐賀県武雄市)

メイン作品「はぐくみ」(髪飾り:K18,シルバー,パール,CZ)

「地球の自然や環境を守っていく、そして育てていくという大切なことを、次の世代に
繋げていく。また、心を込めて生み出された作品には、ジャンルという枠を超えた、
特別なモノの価値があるという、手作りの良さや温もりを伝えたい。」
このテーマにちなみ、春の訪れを繋げ、感じさせてくれる「たんぽぽの種」を髪飾りで表現しました。 メッセージとして、人間は自然と共存し「育てていく」という
大切な事と、お金を出せば大抵の物は手に入れられる便利な世の中だからこそ、
生産性とは縁の遠い「手作り」という、「人」と「物」を繋ぐ「原点」を、
次の世代に繋ぎ、伝え、共に育んでいこうという意味が含まれています。
DMは、「はぐくみ」を父の手、母の手、子の手で支えているデザインになっています。
solo_exhibition-2009-1.gif
solo_exhibition-2009-2.gifsolo_exhibition-2009-3.gif
solo_exhibition-2009-4.gif
「はぐくみ」のメッセージにちなみ、様々な形での繋がりを表現する手段として、
個展期間中では初の、毛彫り鏨,片切り鏨を用いた「手彫り唐草ネックレス」の実演と
唐草プレートのワークショップを行いました。
:実演の様子:
solo_exhibition-2009-5.gifsolo_exhibition-2009-6.gif





【2008年】
第4回個展「Love at first sight(ラブ アット ファースト サイト)」開催
(ギャラリー悠:厚木)

メイン作品「Love at first sight」
(ティアラ:K18PKG,YG,シルバー,ピンクシェル,CZ)

造形物や景色、メロディや言葉など、世の中には沢山の美しい存在があります。
特に自分は創作ジュエリーという造形物で自己を表現しているので、
目から入ってくる情報には多くの感情を抱きます。 
一目見た時に、体中の細胞が目覚めるような感覚。今まで感じた事のない、目から
入ってくる衝撃。足の先から頭のてっぺんまで、体中に流れる血が勢いを増し、まるで
今までの人生はこの瞬間の為にあったのだと。自分の美的センスは、今、目の前に存在する
造形物を理解する為に磨かれてきたのだと感じる瞬間。
そんな美しい物への想いを表現しました。
Love at first sight 一目惚れ。
solo_exhibition-2008-b-1.gif
solo_exhibition-2008-b-2.gifsolo_exhibition-2008-b-3.gif
solo_exhibition-2008-b-4.gif




第3回個展「金の主張 銀の主張」開催
(ギャラリー自由が丘:自由が丘)

メイン作品「金の主張 銀の主張」(首飾り:金 , 銀)

普段ゲームとして慣れ親しんでいるパズル。 
決められた枠の中にはめられていくピース一つ一つに、もしも意志があり、個々の存在を
表そうと動き出したらどうなるか。ピース自体が自分の殻を破ろうとしていく姿、
金から銀へ、また銀から金へ変化する様子をグラデーションの美しさが引き立つと考えた、
ピースが連なる首飾りとして制作しました。


solo_exhibition-2008-a-1.gif
solo_exhibition-2008-a-2.gifsolo_exhibition-2008-a-3.gif
solo_exhibition-2008-a-4.gifsolo_exhibition-2008-a-5.gif






【2006年】
第2回個展「Tears of Eirene (テイアーズ オブ エイレーネ)」開催
(ギャラリー悠:厚木)

メイン作品「Tears of Eirene」(簪:K18,シルバー,ルビー)

調度この頃、某国が報復として対立組織に対し武力行使を行っている模様が、
毎日報道されていました。 戦争に関しては双方様々な理由があり、そこに絡む利権もあり、
一作家風情には見えない事が多く、考えさせられます。しかし、罪の無い人々が巻き込まれ、
命を落とし、悲しみの涙が流れる事は、確実に間違っています。そんな自分の気持ちを、
ギリシャ神話の平和の女神「エイレーネ」をモチーフに簪を制作しました。

solo_exhibition-2006-1.gif
solo_exhibition-2006-2.gifsolo_exhibition-2006-3.gif
solo_exhibition-2006-4.gif

Tears of Eirene
「Tears run into the earth.
私の涙を大地が受け入れ
changing to a shape of water and soil.
土となり水となり形を変え
That reaches to your hands.
あなたのもとに届くでしょう
A piece out of the earth.
大地から彫り出した塊
The shine of a piece never fade out.
決して色あせることのない無二の輝き
A piece my jewelry give a happiness to you.
私のジュエリーがあなたに幸福を運びますように…」



【2004年】
第1回個展 田中健介創作ジュエリー展
(ギャラリー悠:厚木)
メイン作品「打ち出しブローチ」(ブローチ:K18,シルバー,ガーネット)

彫金を初めて、ちょうど10年が経とうとしていたこの頃、表現者として何か残すことは
出来ないかと考えていました。日頃お世話になっている方や、
ご注文をいただいているお客様に、もっと自分を理解していただきたいと。
個展開催が大変な事は、聞いてはいましたが、準備を何もしていないのにも関わらず、
思い立ったが吉日という事で、気付いたらギャラリーの下見に車を走らせていました。
そして1ヶ月後、まわりの方々の協力のもと無事に初の個展を開催することが出来ました。

solo_exhibition-2004-1.gif
solo_exhibition-2004-2.gifsolo_exhibition-2004-3.gif
solo_exhibition-2004-4.gifsolo_exhibition-2004-5.gif